ココまとめ

ゲーム、映画、ドラマを中心に記事にしていきます

ココまとめ

ーおすすめ記事ー

【ゲーム紹介】Grimdawn

f:id:coco090:20190630193041j:plain

今回はGrimdawn(グリムドーン)について紹介したいと思います。

目次

 

どんなゲーム?

発売日

2016年2月25日

プラットフォーム

XBOX,PC

ジャンル

アクションRPGハック&スラッシュ

 

概要

POEと同じく、ダークな世界を舞台とした、見下ろし型のアクションRPG

二つ選んだ職業によるスキル降りと、星座スキル、装備、

ステータスポイントの組み合わせによって多彩なビルドが生まれます。

DLCも複数販売されており、かなりのボリュームがあります。

store.steampowered.com

 

おすすめポイント

・多彩なビルド

下記5つによってビルドが決まります。

  1. 職業によるスキル降り
  2. 星座スキル
  3. ステータスポイント
  4. 装備
  5. エンチャント

このゲームの特徴は9つの職業から2つ選べる事です。

選んだ職業からスキルツリーが存在する為、

同じ職業でも全く特性が異なったビルドを作ることも可能です。

 

星座スキルとは、メインのスキルとは別にあるスキルツリーです。

世界各地にある祠を修理する事で得られる

ポイントを使ってスキルを解放していきます。

 

また、装備に2種類のエンチャントを施す事が可能で、

これもビルドに色が出るのを助長します。

  

・ボリューム

DLCを含めるとかなりのボリュームがあります。

アリーナのようなモードも存在し、迫りくる大勢の敵に対し、

自分が育成したビルドがどこまで通用するのか、試す事が出来ます。

 

・Mod

POEと異なり、Modを導入する事が出来ます。

驚くべきはそのModの自由度です。

新マップ、新職業、新スキル、新ストーリーまで追加する事が可能で、

そのような大型Modを導入することで、全く異なるゲームを遊ぶ事が可能です。

この点は、ハクスラの頂点に立つPOEよりも優れている言えるでしょう。

   

ハック&スラッシュ要素

やはりハクスラ要素は重要ですね。

敵がドロップする装備は、付与されている効果や数値が異なります。

これによって天と地ほどの価値の差が生まれます。

狙っていた装備が出た時の感動は素晴らしいものです。 

 

残念ポイント

・1キャラにつき、同じマップ・ストーリーを合計3周する必要がある。

ストーリーを1週すると、エリート⇒アルティメットというように

難易度が解放されていきます。

ストーリークエストで取得出来るスキルポイントがあるため、

基本は1キャラにつき、3周する必要があります。

さすがに何キャラも同じストーリーを周回すると途中で中弛みしてきます。

 

・他プレイヤーとのトレード環境が不足

欲しい装備がある場合、他プレイヤーとトレードするという手段があります。

しかし、POEのように専用のトレードサイトがあるわけではなく、

スレで募集するかマルチPT募集を用いて行うしかありません。

また、プレイ人数も多くは無く、なかなか欲しい装備をトレードする事が出来ません。

 

総評

1キャラに費やす内容はPOEより劣るものの、それでもやる事は多いほうです。

それに加え、Modが存在する為、私のプレイ時間は結局700時間超えと、

POEと同等になってしまいました。

爽快感ややり込み要素で多少POEには劣るものの、

ハクスラ好きには神ゲーであることには違いありません。

 

点数(100点満点中)

90

【目安】

100~90・・・神ゲー(絶対プレイするべき)

89~70・・・良ゲー (面白い、買って損は無し!)

69~50・・・普通 (購入は自分のお財布と相談)

49~30・・・微妙ゲー(微妙・・・。オススメは出来ない)

29~0・・・クソゲー (ゴミ!すぐに売るべし!)