ココまとめ

ゲーム、映画、ドラマを中心に記事にしていきます

ココまとめ

ーおすすめ記事ー

【映画批評】Diner ダイナー

f:id:coco090:20190706180413j:plain

映画「Diner ダイナー」の紹介をしたいと思います。

 

目次

 

どんな映画?

劇場公開日

2019年7月5日

監督

蜷川実花

キャスト

藤原竜也
玉城ティナ
窪田正孝
本郷奏多
武田真治

ジャンル

スリラー・サスペンス

 概要

何をやっても上手くいかないオオバカナコ。

ある時、大金欲しさに怪しいアルバイトに手を出したばかりに、

ウエイトレスとして売られてしまう。

しかもその店はただの店ではなく、殺し屋たち専門の店。

次々と店にやってくる殺し屋たちを相手に、

彼女の新たな日々が開幕する・・・!

予告動画

Copyright(c)(C)2019 「Diner ダイナー」製作委員会 All Rights Reserved.

原作

ãã¤ãã¼ (ããã©æ庫)

 出版:ポプラ文庫

作者:平山夢明

見どころポイント

ハイテンションストーリー

映画開始早々、ハイテンションな展開です。

蜷川実花監督の作品なので、ある程度は覚悟してましたが、

開幕早々蜷川ワールド全開です。

 カラフルでハイテンションなストーリーはスピーディに、

テンションダウンすることなく、進んでいきます。

最後まで見終わって中弛みしない内容でした。

 

豪華なキャスト

f:id:coco090:20190706184221j:plain

上記に記載したキャスト以外にも、

斎藤工さんや小栗旬さん、佐藤江梨子さんなど豪華なキャストが多く出演しています。

しかも全員、頭がいかれてる殺し屋という設定。

藤原竜也さんが一番まともに見えました・・・。

 

菊千代

f:id:coco090:20190706184924j:plain

Copyright(c)(C)2019 「Diner ダイナー」製作委員会 All Rights Reserved.

最初は気持ち悪いブルドックだと思いましたが、

ストーリーが進んでいくうちにだんだんと愛嬌が出て可愛く思えてきました。

ちなみに好物はイチゴ。

 

美味しそうな料理

f:id:coco090:20190706190810j:plain

Copyright(c)(C)2019 「Diner ダイナー」製作委員会 All Rights Reserved.

ダイナーという題名なだけあって、

藤原竜也さんが作った料理はどれも美味しそうで、

映画を見てるのに食べたくなってしまいました!

 ちなみにコラボカフェが池袋で開催されるそうです。「7/3~7/21」

travel.mdpr.jp

色鮮やかな独特の世界観

蜷川実花監督というだけあって、

ヘルタースケルター」や「さくらん」のような

色鮮やかで独特な世界観が特徴です。

映画というよりはもはや芸術ですね。

 

いまいちポイント

予告に騙される

f:id:coco090:20190706190728j:plain

予告動画に”裏切者がいる” という文言がうたわれています。

そこから想像するに、

味方の中の誰かが内密に裏切っており、

ストーリーが進むにつれ、徐々に秘密が明らかになっていく・・・。

というようなことを考えてしまいますが、

そんなことはありません。

あっけなく裏切りがばれてしまい、

裏切者もあっけなく始末されてしまいます。

 

せっかくの豪華キャストが・・・

豪華キャストが大勢出演されているのですが、

出演時間もそこそこに、すぐに殺されてしまう役者もちらほら。。。

凄くもったいなく感じてしまいました。

ラスボスぽい4人のうち、一番豪華なキャストが先に死んでしまい、

えっ!この人!?という人がラスボスに。

 

総評

蜷川実花監督の作品でしたので、

正直、訳が分からないストーリーと世界が繰り広げられ、

最後まで発散させるだけ発散させて、

自己満足で終わるような地雷臭がしてました。

 しかし!そんなことはありませんでした!

好き嫌いは分かれるかもしれませんが、

オオバカナコの存在があることで、

一応筋の通るストーリーになっており、

きちんと話も収束して終焉を迎えます。

 最後は絶対に店に来ると分かっていたのですが、

菊千代と一緒にボンベロが来店した時には感動してしまいました。

 

最後に

あのオオバカナコが持っていた写真はどこか探してみました。

f:id:coco090:20190706193708j:plain

 おそらくメキシコの「グアナフアト」です。

間違えてたらすみません・・・。

カラフルで綺麗な街ですね!

一度は行ってみたいです。

 

点数(100点満点中)

70

【目安】

100~90点・・・神作品(絶対おすすめ!見ないと人生損!)

89~70点・・・良作品 (面白い!一度は見て欲しい!)

69~50点・・・普通 (時間があれば見ると良い)

49~30点・・・微妙 (微妙・・・。あまりお勧めできない)

29~0点・・・駄作 (時間の無駄、見ないほうが良い)