ココまとめ

ゲーム、映画、ドラマを中心に記事にしていきます

ココまとめ

ーおすすめ記事ー

【映画批評・感想】劇場版あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない(泣ける感動する夏の映画)

f:id:coco090:20190721165124j:plain

いや~暑いですね!

うちの公園はセミがミンミン元気に鳴いてますが、
かく言う私はというと、クーラーをガンガンに効かせてブログ書いてます。(汗)

今回は、そんな暑い夏におこった不思議な出来事を題材とした映画、
「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない」をご紹介したいと思います。

※本作はアニメ、実写ドラマとあるのですが、
今回は劇場版をご紹介いたします。

どんな映画?「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らないと」は?

劇場公開日

2013年8月31日

監督

長井龍雪

キャスト(声優)

・入野自由
・芽野愛衣
・戸松遥
・早見沙織
・櫻井孝宏
・近藤孝行

・他

ジャンル

恋愛、ファンタジー

 概要・ストーリー

子供の頃、いつも一緒だった仲良し6人組。
しかし、ある事件がきっかけで「めんま」が亡くなってしまい、
みんなはバラバラに・・・。

無情にも時は流れ、高校生に成長した、ある夏の日、
死んだはずの「めんま」が仁太の目の前に現れたのだった。

彼女が現れた理由を探すため、再び仲良し6人組が集まるのでした。 

アニメ版との違い

基本はアニメ版を2時間に、ぎゅっと縮めた再編集版ですが、
過去のエピソードや、後日談が加筆されております。

予告動画

Copyright ©2013「あの花」製作委員会

見どころポイント

ドラマ性を重視したストーリー展開

f:id:coco090:20190721165727j:plain

f:id:coco090:20190721175244j:plain

Copyright ©2013「あの花」製作委員会 All rights reserved.

人間関係が複雑で、アニメなのですが、内容展開がドラマに近いです。

めんまが幽霊として生き返るというファンタジー要素はあるものの、
それ以外は魔法が使えたり、空を飛んだり等は無く、
実際のヒューマンドラマとなっております。

f:id:coco090:20190721174707j:plain

f:id:coco090:20190721174314j:plain

f:id:coco090:20190721174718j:plain

Copyright ©2013「あの花」製作委員会 All rights reserved.

また、6人全員が、めんまに対する悩みを抱えていて、
ストーリーが進むにつれて悩みが明らかになり、
それを解決する為に一致団結し、時には衝突しながら、成長していきます。

めんま

 f:id:coco090:20190721170816j:plain

Copyright ©2013「あの花」製作委員会 All rights reserved.

本間芽衣子こと「めんま」ですが、
天然要素が入っており、可愛らしいです。

外見は成長していますが、中身は亡くなった頃のままで
多々、主人公たちを翻弄させます。

主題歌

「ZONEのsecret base~君がくれたもの~」を
本作の声優である、芽野愛衣、戸松遥、早見沙織の3名がカバーしています。
本家も良いですが、こちらも良いですね。

無料試聴

泣けて感動!涙が止まらない

f:id:coco090:20190721173425j:plain

f:id:coco090:20190721173044j:plain

Copyright ©2013「あの花」製作委員会 All rights reserved.

本当に泣けます。
ところどころ、泣けるシーンはあったのですが、
最後のシーンは反則です!涙腺崩壊です。涙ボロボロです。
まさかアニメでこんなに泣くとは思いもしませんでした・・・。

 

いまいちポイント

松雪集(ゆきあつ)の女装

f:id:coco090:20190721173520j:plain

Copyright ©2013「あの花」製作委員会 All rights reserved.

予告シーンにもありますが、ゆきあつ君は女装してます。
理由はネタバレになるので書きませんが、あえてなぜ女装を選んだのか、
せっかくのイケメンがちょっとだけ残念です。

安城鳴子(画像を参照)のあだ名

f:id:coco090:20190721180019j:plain



Copyright ©2013「あの花」製作委員会 All rights reserved.

それぞれ6人にはあだ名がありますが、
安城鳴子のあだ名はひどいです!

子供ならではの無垢な考えを表現したかったのかもしれませんが、
彼女のあだ名を連呼されると、せっかくの感動シーンが台無しになるのは、
私の心が淀んでいるからでしょうか・・・。

ちなみにあだ名は添付画像を参照ください。  

せっかくのイケメンがちょっとだけ残念です。

駆け足気味の展開

もともと11話もあったアニメを2時間に詰めて、且つストーリーを加えている為、
少し駆け足気味に感じました。

私はアニメを一度見ていたので、内容についていけましたが、
見ていない方だと急展開すぎてついていけないかもしれません。

総評

こんな人にお勧め

・映画、アニメで泣きたい、感動したい!

・人間ドラマが濃いアニメを見たい!

・さくっと、話題のあの花を見たい!

こんな人にはお勧めできない

・下ネタは絶対ダメ!無理!

・じっくり内容を見たい!

・イケメンの女装は嫌だ。

ちょっと駆け足気味なのが残念でしたが、
人間ドラマの展開も良く、なんといっても感動出来ましたので、

良作だと私は思います。

ただ、こちらも面白いですが、
アニメ版は駆け足という事も無く、間違いなく神作品です。 

点数(100点満点中)

70

【目安】

100~90点・・・神作品(絶対おすすめ!見ないと人生損!)

89~70点・・・良作品 (面白い!一度は見て欲しい!)

69~50点・・・普通 (時間があれば見ると良い)

49~30点・・・微妙 (微妙・・・。あまりお勧めできない)

29~0点・・・駄作 (時間の無駄、見ないほうが良い)

 このエントリーをはてなブックマークに追加