ココまとめ

ゲーム、映画、ドラマを中心に記事にしていきます

ココまとめ

ーおすすめ記事ー

アンチの心理を解析!ブログの誹謗中傷コメントに対する正しい対処方法

f:id:coco090:20191012112912j:plain

みなさのブログは、誹謗中傷といったアンチコメントを受けた経験はありますか?
ブログを書くうえで、必ずと言っても良いほど避けて通れない道が、
アンチからの誹謗中傷コメントです。

私のブログをご覧頂いている方はご存じかもしれませんが、
時々アンチからコメントを頂きます。
私自身、そんなアンチコメントを見るのは嫌ですし、
一応多少なりとも心をもった人間ですので、傷つきもします。

せっかく楽しくブログを書いているのにも関わらず、
アンチコメントによって、精神的に傷付き、やる気を根こそぎ奪われ、
最悪ブログを閉鎖するまでに追い込まれたサイト様をいくつか見てきていますが、
非常に勿体ないことですよね?

そんなことにならないためにも今回は、アンチの心理を解析し、
そこから「自身のブログへの誹謗中傷コメントに対する正しい対処方法」について、
ご紹介していきたいともいます。

はじめに

まず始めに、本記事はアンチの方々へ対する誹謗中傷や煽りでは無く、
あくまでもアンチコメントに対する対処方法について紹介することで、
傷つく人を減らすことが目的です。

また、ブログ内容が相手を煽る内容ではない場合を前提にした対処方法のご紹介です。
煽る内容のブログに対しては、本記事でご紹介する事は当てはまりませんので、
予め御承知おきください。

合わせて、本記事を紹介するにあたり、
実際のアンチのコメントを用いて説明しますので、
アンチコメントを見たくない、気分を害するという方が居ましたら、
そっとページを閉じて下さい。
⇒トップページへ戻る

アンチコメントとは?

f:id:coco090:20191012113124j:plain

まずは「アンチコメント」とは何ぞや?というところから紹介いたします。
アンチ=反対、対抗を意味し、アンチコメントとは、
ブログなどに対して書かれる、誹謗中傷といった内容のコメントを言います。

  • クソブログ
  • 互助会だ
  • つまらない

といったような、コメント見た相手を傷つけるような、コメントです。
また、そのようなコメントをする人のことを「アンチ」とも呼びます。

何故アンチコメントをするのか?心理を解析

人間の性格は、多種多様でアンチコメントをする理由も様々です。
ここでは考えられる理由、心理について、いくつか紹介していきます。

考え方が乏しい

アンチコメントをする方の大多数に言えることは、
「考え方が乏しい」ということです。
自分が誹謗中傷をして、相手がどう思うのか?ということを考えることが出来ず、
一方的に自身の思いついた感情的なコメントを書いてしまいます。

正常な思考を持って、相手がどう思うか予想できるような方であれば、
誹謗中傷といったコメントはしませんし、出来ないはずです。
これが出来るのは、「正常な思考を持っていない」か、
「考え方が乏しい」かのどちらかに当てはまります。

また、はてなブックマークに対し、
安直に「互助会だ」とコメントする方にも当てはまります。
はてブに掲載されると、こういったコメントをよく頂きますが、
互助会なんて入った記憶もありませんし、噂で聞いた程度でしかありません。

ブログを続けていると、ブコメすることでの自然な繋がりが出来る事は当然であり、
決して、お互いにはてブを付け合う事を交わした互助会ではありません。
恐らくブログを始めたことが無いor浅い為に、安直な考えに結び付いてしまう、
「考え方が乏しい」人なのでしょう。

とりあえず否定をしたい

相手が言った発言に対し、
「いや」「でも」から入る「とりあえず否定をしたい」人です。

これは現実社会においても意外と多く、悪意は無くとも、無意識に
とりあえず否定からコミュニケーションを開始してしまう人もいます。

このことがインターネットという仮想社会に遷ると、どうなるでしょうか?
「いやいや・・・、〇〇という考えは間違っているでしょ。〇〇が正解。」
といったように変わります。

コメントを書いた本人は、討論をするつもりで書いているのかもしれませんが、
ブログにおいて、一度書いてしまった考えを否定されると、
良い気持ちをするわけがありませんし、ご指摘ありがとうございますと言って、
自分の考えとは違う内容で記事を書き直すのもおかしな話です。

知識自慢をしたい

これもなかなか多いのが「自分の知識を自慢したい」人です。
この「知識自慢をしたい」方と、前述した「考え方が乏しい方」が合わさると、
「〇〇って書いているけど、意味分かっているのかな?
正しくは〇〇〇というわけで・・・」
というようなコメントを書いてしまいます。
自分が知識を持っていれば持っているほど、自慢したくなる気持ちは分かりますが、
これを書かれた相手がどう思うかはお分かりですよね?

自分の知識を自慢したければ、相手の批判をするのではなく、
自身がブログを書き、知識を広めるべきだと私は思います。

構って欲しい

わざと誹謗中傷のコメントを書き、相手に激昂したコメントを返信させることを狙う、
もしくは自身のアンチコメントに対し、
他者の賛同を狙っている「構って欲しい」人です。

これは、現実社会でストレスを溜め込んでおり、
ネット上でストレス発散することを目的としているか、
現実社会で話す相手がおらず、
誤ったコミュニケーションの取り方しか知らない人です。

残念なことにアンチコメントには、
他者の誤った賛同がコメントやスターとして付き易い傾向にある為、
そういった賛同が
「構って欲しい」人の「自分は正しい」という勘違いを助長させます。

相手を陥れたい

ごく少数ですが、「相手を陥れる」ことを快楽とし、
悪意をもって誹謗中傷のコメントをする方も存在します。

これは精神的に成長していないか、もしくは間違った方向に成長したためであり、
長期的に誹謗中傷のコメントを書き続ける、乱立して同じコメントを書き続ける、
いわゆる「荒らし」と呼ばれるケースもあります。

アンチコメントに対する正しい対策

f:id:coco090:20191012113703j:plain

アンチコメントに対し、誰もが鉄の心を持っていれば、何もする必要は無いのですが、
そういうわけにもいかないと思いますので、正しい対策方法について紹介します。

システム的対策

コメントを承認制にする

コメントを承認制に変更しましょう。
コメントをした人は、相手に承認されるまで、コメントが掲載されなくなり、
承認されることなど稀ですので、誹謗中傷をするといった行為が減ります。

事実、私のブログでは、
承認制に出来ないような、はてなブックマークのコメントには誹謗中傷があるものの、
承認制にしたコメントに対しては、誹謗中傷はゼロです。

はてなブックマークを非表示にする

誹謗中傷の大部分は、はてなブックマークに掲載されることでの、
はてなブックマークのコメントです。

このはてなブックマークは、ブロックすることも、承認制にすることも出来ないため、
アンチによるコメントが書き放題です。
それが、はてなブックマークにアンチが多い理由なのかもしれませんが、
そんな誹謗中傷は絶対に見たくない!という方は、
はてなブックマーク自体を非表示にしてしまいましょう。

しかし、応援して下さっている方のコメントも書き込めなくなってしまう為、
そことのウェイトを比較して対応を決定しましょう。

無視する

アンチコメントに対しての極論を言うと、無視が一番です。
アンチはどこか頭のおかしい人ですので、まともに取り合って議論しても、
的を得た回答が返ってくるわけもなく、時間の無駄です。

私も一度、アンチコメントに対し、頭にきてしまい、
〇〇ですか?という質問形式でコメントを返したことがありますが、
質問に対して、全く答えになっていない返信が来て失望した記憶があります。

よほど炎上しない限り、無視をすれば大抵は1回のコメントで収まり、
自然と記憶から消えていきます。

心を鎮める方法

f:id:coco090:20191012113848j:plain

正しい対策についてご紹介しましたが、なんだかモヤモヤしていませんか?
無視をするにしても、誹謗中傷を受ければ、
怒りや悲しみが込み上げてくるのが、自然な反応です。

それを一方的に我慢して無視をすることが腑に落ちない、
という方のために心を鎮める方法を、実際のアンチコメントからご紹介します。

アンチの他のコメントを見る

f:id:coco090:20191012110327j:plain

まず、はてなブックマークでアンチコメントを受けたら、
そのユーザーIDをクリックしましょう。

f:id:coco090:20191012110549j:plain
すると、そのユーザーが他の記事に対して行ったコメントを見ることが出来ます。
あまり見たくないかもしれませんが、逆にこちらから見てやるのです。
如何でしょうか?

赤線部を見て頂ければ分かりますが、他の記事に対しても誹謗中傷をしています。

こういったアンチコメントをする方は、
一人だけに対して誹謗中傷をしているのではなく、
誰に対してでも同じことをするのです。

つまり、前述したように一時的な感情で相手のことを考えずにコメントを書いてしまう
「考え方が乏しい」人であり、
問題がある人に何を言われようと、気に留める必要は無く、深く考えるだけ無駄です。

そう、割り切って考えましょう。

終わりに

アンチの心理と、誹謗中傷コメントに対する対策方法についてご紹介しましたが、
如何でしたでしょうか?

アンチコメントを貰ったから、すぐ落ち込むのではなく、
正しい対策を講じることで自身の損失に繋がる事を防止すると同時に、
「はてブ1個増えた。ラッキー!」程度に思えるようになりましょう。

少し過激な内容でご紹介してしまいましたが、
本記事によって少しでも精神的に楽になった方がいらっしゃいましたら幸いです。
より良いブログライフが送れるよう、心より応援しております。

以上、
「アンチの心理を解析。自身のブログへの誹謗中傷コメントに対する正しい対処方法」
についてご紹介しました。

合わせて読みたい"生活"の記事