ココまとめ

ゲーム、映画、ドラマを中心に記事にしていきます

ココまとめ

ーおすすめ記事ー

ドラゴンクエストユア・ストーリーが公開されたので、ドラクエ5をまとめてみる

f:id:coco090:20190804103110j:plain

つい先日、8月2日に「ドラゴンクエストユア・ストーリー」が公開されましたね!

みなさまはご覧になったでしょうか?
私は見てません!
悲しいかな一緒に見に行く人がいれば、見たいです・・・!

というわけで悔しいので、映画ではなく
ゲーム「ドラゴンクエスト5」の批評・まとめを行います。

映画は見たいけど、元ネタ?ドラクエ5?なにそれ?
という方のためにご紹介したいと思います。

映画のネタバレ?知りません。
だって見てませんもの。 

どんなゲーム?「ドラゴンクエスト5」とは?

発売日

1992年9月27日

プラットフォーム

スーファミ、PS2、DS、iOS、Android

ジャンル

RPG

概要・ストーリー

ドラクエ4から数百年後の世界が舞台で、
父親の「パパス」と共に旅を続ける少年がこのゲームの主人公である。

ある事件がきっかけで光の教団の教主「ゲマ」にパパスは殺されてしまう。
一方で主人公は捉えられ、奴隷として労働を強いられることになるが、無事脱出し、
父の遺言のもと、母親である「マーサ」と「伝説勇者」を探す旅にでるのであった。

おすすめポイント

少年⇒青年へと成長するストーリー

f:id:coco090:20190804115421j:plain

Copyright © 1992, 2014 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SPIKE CHUNSOFT/SQUARE ENIX All Rights Reserve

最初は少年だった主人公も、少年から青年へと成長していきます。

それぞれの成長の過程では、出会いと別れ、恋愛から結婚、そして子供の誕生と
様々なドラマが繰り広げられながら、少年は大人へなります。
こんなにも主人公の成長が見ることが出来るのは、
ドラゴンクエストシリーズでは唯一、本作のみでしょう。

結婚システム

あなたは誰を花嫁に選びますか?
左:フローラ
中央:ビアンカ
右:デボラ
他:ルドマン

本作では、主人公が結婚します。
ある場面で幼馴染の「ビアンカ」か、大富豪の娘「フローラ」の
どちらか2人を花嫁から選ぶことを迫られます。
(DS版、スマホ版では女盗賊の「デボラ」が加わり3人に増加)
なんて贅沢なのでしょう!

主人公モテ男です。

あなたは誰派でしょうか!?

音楽

ドラクエシリーズの音楽と言えば、「すぎやまこういち」先生です。

壮大な曲から心安らぐ曲まで、本当に記憶に残る曲ばかりで、
20年以上経った今でも、当時の曲を鮮明に覚えています。

無料視聴

モンスターを仲間に出来る

f:id:coco090:20190804122540j:plain

 Copyright © 1992, 2014 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SPIKE CHUNSOFT/SQUARE ENIX All Rights Reserve

本作ではドラクエシリーズで初めて、
自分が倒したモンスターを仲間にするシステムが採用されました。

このシステムの採用により、どのモンスターを戦闘で使うか、選ぶことができ、
戦略の幅が広がりました。

キャラクターデザイン

f:id:coco090:20190804123320j:plain

Copyright © 1992, 2014 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SPIKE CHUNSOFT/SQUARE ENIX All Rights Reserve

キャラクターデザインに関しては「ドラゴンボール」、「Dr.スランプ」でお馴染みの
知る人ぞ知る「鳥山明」先生です。

ドラゴンクエストユアストーリーでは、キャラクターデザインが
鳥山明先生から一新され、いろいろ批判があるようですが、
個人的には、あれはあれで良い気がします。

多様なプラットフォーム

元々はスーパーファミコンで販売されておりましたが、
リメイクブームにより、PS2、DS、iOS、Android、と
多彩なプラットフォームで現在もプレイすることが可能となっております。

今プレイするとしたらiOSかAndroidのどちらかでしょうか。

また、ドラクエ5のスーファミ版、PS2版、DC版、スマホ版の違いを
まとめると下記となります。

  スーファミ PS2  DS   スマホ
すごろく場の追加
×
ふくびきの追加
×
カジノ船の追加
×
仲間モンスターの増加
×
クリア後のイベント追加
×
戦闘人数の変更
3人 4人 4人 4人
呪文の追加
×
大きなふくろ
×
モンスターボックス(図鑑)
×
スライムタッチの追加
× ×
新キャラ「デボラ」追加
× ×
どこでも中断セーブ
× ×
モンスターブローチの追加
× × ×

 細かな変更点は他にもたくさんありますが、
本作に関しては、スマホ版をプレイしておけば網羅できると思います。

残念ポイント

ルドマンと結婚が出来ない

f:id:coco090:20190804131112j:plain

花嫁を選ぶシーン

Copyright © 1992, 2014 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SPIKE CHUNSOFT/SQUARE ENIX All Rights Reserve

ルドマンと結婚させてください・・・。 

総評

こんな人にお勧め

・ドラゴンクエストをもう一度プレイしたい!

・ストーリー重視の昔のゲームをしたい!

・ドラゴンクエストユア・ストーリーを見る前にプレイしておきたい

・花嫁を選びたい!ゲームの中だけでもモテたい!

こんな人にはお勧めできない

・RPGが嫌い。ドラクエよりFF派である。

昔のゲームではありますが、
昨今では映画化に至るなど、根強い人気を誇る本作です。

人気があるのはそれなりの理由があり、私はその理由をストーリーだと考えてます。
特に、そのストーリーを盛り上げてるのは父親である「パパス」ではないでしょうか。
パパスが亡くなったときは、子供ながらにショックを受けた覚えがありますが、
その悲しみを乗り越え、世代を超えて進んでいくストーリーは、
まさに神ゲーの域に至っております。

それが映画「ドラゴンクエストユア・ストーリー」に
受け継がれていると期待しております。

点数(100点満点中)

90

【目安】

100~90・・・神ゲー(絶対プレイするべき)

89~70・・・良ゲー (面白い、買って損は無し!)

69~50・・・普通 (購入は自分のお財布と相談)

49~30・・・微妙ゲー(微妙・・・。オススメは出来ない)

29~0・・・クソゲー (ゴミ!すぐに売るべし!)