ココまとめ

ゲーム、映画、ドラマを中心に記事にしていきます

ココまとめ

ーおすすめ記事ー

結婚は本当にすべき?メリット・デメリットをまとめてみた

f:id:coco090:20190823192159j:plain

少し前、滝川クリステルさんと小泉進次郎さんの結婚ニュースが
世間を騒がせたのは記憶に御座いますでしょうか?
美男美女のカップルで非常におめでたいことですね。
お二人には、結婚を経て末永く幸せになってもらいたいと心より願っております。

しかしそんな反面、
私の周りでは、夫や妻の愚痴ばかりで、
実は結婚をするとデメリットばかりなのではないか?
結婚は本当に良いものなのか?
と、結婚に対して疑問が生まれることがしばしばあります。

そんな疑問に対し、今回は
「結婚は本当にすべき?メリット・デメリット」についてご紹介いたします。

結婚とは?

みなさんご存じかと思いますが、結婚とは何ぞや?というところから説明します。
結婚とは、男女が夫婦となることです。
常にお互いが、お互いを支え合い、
共に生きることを誓った間柄が夫婦と言えます。

結婚とは人生の墓場である、と言うのも一理あるかもしれませんが、
一応上記のような解釈が一般的かと思われます。
結婚するとき神父さんが言っていますよね!

結婚のメリット

では、結婚をすると何か良いことがあるのでしょうか?
とある口コミサイト複数を参考にまとめてみましたので、
あくまでも各々個人的な意見となります。

子供

f:id:coco090:20190823192502j:plain

やはり結婚の一番のメリットは子供ではないのか。と私は考えます。
他人の子どもであれ、小さい子供が笑っているのを見ると心が癒されます。
それが自分の子供であれば尚のこと愛おしく、癒されるのでしょうね。

「我が子の為であれば自分の命も厭わない」という言葉を聞きますが、
それほど子供というのは親にとって大切なものであるということでしょう。

支え

何かあった時、いざという時に、お互い助け合えるというメリットがあります。

夫婦になれば、自分が病気になったとき、相手が看病してくれたり、
仕事で精神的に参っている時に、励まし、心の支えになってくれたりと
お互い助け合い、支え合うことが出来ます。

団らん

仕事で家に帰った時「ただいま」と言えば、「おかえり」の声が帰ってきます。
一人で家に帰ると、家が真っ暗でシーンとしているのは、少し寂しく感じます。

このように、家に帰って会話が出来るというのは
ストレス解消にもなりますし、大きなメリットではないでしょうか。

経済

基本的には二人で働けば、給料が倍になります。
食費や光熱費などは一人の時よりも楽になるはずです。

片方が働いていない場合は、メリットとはならず、逆に負担となります。

世間体

よくも悪くも、古くからの風習が根強く残る地域では、
「結婚をして一人前、結婚をしないと半人前」ということが叫ばれます。

私は別に結婚をしていない人が半人前とは思いませんし、個人の自由だと思いますが、
親としては、子供が結婚してくれたほうが安心というのはあるのでしょう。

結婚のデメリット

自分の時間が減る・持てなくなる

同居していれば、大概は相手が居ますので、自分の時間が減ります。

相手のことも考えなくてはいけないので、
しょっちゅう友達と遊びに出掛けるという事も出来ず、
自然と友人に対し疎遠になるケースもあります。

「彼女・彼氏が出来ると付き合いが悪くなる」というのは
こういう事なのかもしれません。

相手によるDVの可能性

f:id:coco090:20190823192917g:plain

Copyright ©2016 Gender Equality Bureau Cabinet Office. ALL RIGHTS RESERVED.

相手にもよりますが、精神的・身体的DVを受ける可能性があります。
最近は男性からだけではなく女性からのDVも増加しているようです。

精神的負担

自分が家族を支えていかなければならない、ということが精神的にキツく、
心の負担となる場合があります。

子供が生まれると、育てていかなければいけないという責任感と同時に
プレッシャーが重く伸し掛かり、
それが精神的負担となるケースもあるようです。

子供を育てる経済的負担

子供を産み、大学卒業までにかかる費用はいくらかかるかご存知でしょうか?
全て国立の場合で2500万円以上、私立の場合は4000万円以上かかるとされています。
このような大金は1日やそこらでは稼げる金額ではなく、
子供を育てるための大きな経済的負担が発生します。

苗字が変わる

一般的には女性の苗字が変わります。
そうすると、パスポートや免許証など事務的な手続きが発生します。
これは時間とお金が必要となりますので、
よほど苗字を変えたい!という方でなければデメリットになるでしょう。

義理の親族との付き合い

楽しめる方は逆にメリットになると思いますが、
夫・妻の親族との付き合いが発生します。
よく姑問題というのは話に聞きますね。

また、親戚の会合、年間行事に付き合いをせざるをえなくなりますので、
そういうのが億劫、苦手な方には大きな負担になりえます。

年代別未婚率

f:id:coco090:20190823193648g:plain

f:id:coco090:20190823193652g:plain

Copyright ©Cabinet Office, Government of Japan. ALL RIGHTS RESERVED.

2016年までの総務省の年代別未婚率の調査になります。
1985年あたりを境界に、年々未婚率が増えているようです。

結婚にたいする考えが時を経るにつれ、変わってきているのでしょう。
昔は25を超えると8割以上が結婚していることも分かります。

年代不倫率

http://chosa.nifty.com/cms_image/chosa/report/120419000199/120420_02_01.gif

Copyright ©NIFTY Corporation ALL RIGHTS RESERVED.

こちらは年代、地域別の浮気率の調査結果です。

3割が浮気経験があるという結果になっています。
男性のほうが若干浮気率が高く、年齢を重ねるにつれ浮気率も上がっていきます。
やはり同じ人と何年も過ごすと飽きてきてしまうのですかね・・・?

そして地域別では九州が一番浮気率が高い結果となっております。
九州男児は浮気者が多いというわけですね。

結婚後の離婚率

f:id:coco090:20190823195806j:plain

Copyright © Ministry of Health, Labour and Welfare, All Right reserved.

こちらは離婚率です。
単位は人口1000人に対する割合なので‰(パーミル)を使用しています。

2016年で1.7‰と、不倫率は高いですが離婚率は少ない結果となっています。
これは日本人が不倫をうまく隠している結果なのか、
不倫を許している結果なのでしょうか・・・。

アンケート

貴方は結婚して良かったと思いますか?
Yes
No
 
Created with Online Quizmaker

あなたは結婚して良かったと思いますか?

生の声を是非聴いてみたいです・・・!
結婚をしている方、実際結婚はどうなのか、わたくしめに教えてください!

最後に

結婚をするかどうかを決めるのは自分自身です。
年頃になり結婚をしなければ、親から「いつ結婚をするのか?」と言われる事が多くなるかもしれません。

しかし、そこで焦って「親に言われたから」「周りが結婚しているから」と、
よく考えずに結婚をすると、先に待っているのは「こんなはずじゃなかった」という結婚の墓場となる可能性が高くなります。

まだ若い方は、自分自身が何をしたいのかをよく考え、将来を計画したうえで、
相手を見極め、メリットデメリットを踏まえて結論を出すことをお勧めします。
微力ながらも本記事が、その判断を出す為の助けになって頂ければ幸いです。

合わせて読みたい"生活"記事