ココまとめ

ゲーム、映画、ドラマを中心に記事にしていきます

ココまとめ

ーおすすめ記事ー

「自分では気付き難い」汗の臭いの原因と対策についてまとめてみた

f:id:coco090:20190818192905j:plain

まだまだ暑い日が続きますね・・・。
外出すると暑くて汗がダラダラ出ます。
そんな汗ですが、自分では汗の臭いに気付き難い事はご存じでしょうか?
知らぬ間に、周囲の方に臭いで迷惑をかけていないでしょうか?

自分が臭いか他人に聞きにくいのと同様に、
他人はあなたが臭くても言いにくい、もしくは言えないものです。

そこで今回は
自分では気付き難い、汗の臭いの原因と対策についてまとめてみました。

汗が臭う原因

雑菌

f:id:coco090:20190818200421j:plain

汗が臭う原因の一つは雑菌です。

身体には多くの雑菌が存在しております。
アカや皮脂と汗が混じり合い、それを雑菌が分解することで
臭いの原因となる物質が発生し、臭くなるのです。

 

悪い汗

f:id:coco090:20190818202515j:plain

汗には「良い汗」と「悪い汗」の2種類が存在します。

汗の成分は水が99%、それ以外は塩分がほとんどの割合を占めております。
それ以外にもミネラルや尿素などの老廃物も微小に含まれているのですが、
よい汗は身体の外に放出される前に、余分な成分が身体に吸収され99%が水分となって
体外に放出されるのです。

悪い汗はその吸収が追いつかず、余分な成分まで体外に放出されます。
この成分が嫌な臭いの原因となるだけでなく、蒸発しにくい特性を持つ為、
体温調整がしにくく、余計に汗をかくという悪循環に陥ります。

ストレス

人は強いストレスを受けると、
ホルモンのバランスが崩れ、皮脂腺の働きが活発になり、皮脂が増加します。
また、活性酸素も同時に増える為、発生した皮脂が酸化して
加齢臭と似た臭いが発生します。

疲労

人は疲れるとアンモニアが増えます。
普段、肝臓で正常に処理されているアンモニアも、疲労によって肝機能が低下すると、
正常に処理が出来なくなったアンモニアが身体から排出され、臭いの原因となります。

食事制限によるダイエット

f:id:coco090:20190818215340j:plain

食事制限で痩せようとダイエットをすると、炭水化物やタンパク質が不足し、
飢餓状態に陥ると同時に、代謝が低下します。

身体は蓄えていた中性脂肪を燃焼してなんとかエネルギーに変ようと働くのですが、
代謝が低下していることが原因で、脂肪が燃焼されきれず、
余計な脂肪が血液に混じることで、酸っぱい臭いを発生させます。

自分の汗の臭いに気付く方法

自分の匂いに気付かない理由

人間の鼻は様々な匂いをかぎ分ける事が可能です。
かぎ分けられる匂いの種類は1兆種類以上と言われており、
新しく嫌な臭いが発生するとすぐに気づくことが可能です。

しかし、人間には「慣れ」という便利な機能が備わっており、
常に香る自身の匂いは「慣れ」によって無反応となっているのです。

自分の匂いに気付く方法

自身の服の匂いを嗅ぐ

まず、自身の服を脱いで汗がついている部分を探します。
その汗が付着している部分には、臭いの原因となる雑菌がいるため、
この部分の匂いを嗅いでみましょう。

自身の匂いには慣れているとはいえ、
雑菌がいる部分であれば通常よりキツイ臭いになるので、気づきやすくなります。

コーヒーを使う

f:id:coco090:20190818215104j:plain

強くて単純な香りは人の嗅覚の慣れをリフレッシュすることが可能です。

コーヒーは、強くて単純な香りに部類します。
よくデパートの香水売り場にコーヒー豆が置いてあるのはそれが理由です。
コーヒーであれば身近にあり、いま無かったとしても簡単に入手することが可能ですので、コーヒーを使い、嗅覚をリフレッシュしてから自身の匂いを確認してみましょう。

ただし、コーヒーを使っても完全に嗅覚をリセット出来るわけではなく、
完全にリセットするには数週間を要します。

長期の休暇から帰宅したときに家の匂いに気付くのはそれが理由です。
自身の体から離れることは不可能なことですので、
コーヒー豆を使ったリフレッシュ方法が何もしないよりはマシという程度です。

知人・友人に聞く

f:id:coco090:20190818214908j:plain

これは究極の最終手段ですね。
他人に、自分が臭うか聞いてみることが確実な方法です。

ただし、聞きやすいからといって、家族などの一緒に暮らしている方に聞くのは
匂い慣れている可能性があるので、あまりよくありません。

信頼出来る知人・友人に正直な意見を求めましょう。

汗の臭い対策

少しでもご自身で自分の体臭を感じたら、
あなたの匂いに慣れていない他人はそれよりはるかに強く感じています。
以下の対策をとることで、他人に迷惑をかけないようにしましょう。

1時間以内に汗を拭きとる

汗は前述したように、雑菌によって分解されることにで臭いが発生します。
その分解は1時間程度かかるため、
汗をかいたらすぐに拭き取ることで、臭いの発生を抑えることが可能です。

食生活を見直す

臭いの原因となる活性酸素を抑えるには、
ビタミンC、E、ポリフェノールを多く含む抗酸化食品を摂取すると良いです。
具体的には小松菜やほうれん草、リンゴ、バナナ言を食べると良いでしょう。

また肉を多く摂取すると脂肪分が増え、これまた臭いの原因となります。
魚や野菜を中心とした食生活にすることで、臭いを改善することが出来ます。
日本人が他国に比べ体臭が少ないのは、和食が魚や野菜を中心とした食事だからです。

消臭スプレーを行う

文明の利器に頼って消臭スプレーを使います。
ファブリーズやリセッシュなどが有名ですが、
私のお勧めはライオンから販売されているハイジアです。

ファブリーズはハイジアに比べ、
値段が高く焼肉などの強い臭い対して、ハイジアより効果が薄いです。

リセッシュはハイジアに比べ、
値段は同等ですが、製品自体の匂いが残ります。

ハイジアであれば、値段も安く、消臭効果も効果があるため、
私はハイジアを使用しています。

最後に

汗は自分自身ではなかなか気付き難いものです。
最近は臭いのハラスメントである、「スメハラ」という言葉も生まれ、
実際に職場で迷惑をかけているというケースも少なくありません。

周囲との良好な関係は、そういった清潔感があってこそ生まれるものです。
気付き難いからといって、汗の臭いを放置せず、
まずは一度ご自身の臭いをチェックしてみてはいかがでしょうか?

合わせて読みたい"ヘルスケア"記事